レディ

尿漏れのタイプを把握した後に対応|局部周りの悩み

各治療法が持つ特長

女性

人というのは年齢を重ねてくると様々な症状が体に現れてきます。若い頃はなんともなかった人が、急に病気を発症することもあるのです。多数存在する症状の中でも多くの人が体験しているのが尿漏れです。尿道や膀胱の働きが低下することによって発生する症状ですが進行度合いなどは人によって様々です。自分が尿漏れかもしれないと考える人はまずセルフチェックを行い医療機関に相談するレベルなのか確認することが大切です。数滴程度の尿漏れが月に数回発生するぐらいであれば、サプリメントなどで試しに対策をしてみるのも良いでしょう。尿漏れの量が多かったり、週に1回ペースで尿漏れが起きたりしている場合は自己解決するのが難しい段階なので、泌尿器科に相談するのが最適となってきます。泌尿器科では自分では行なうことができない、様々な治療を受けることができます。最も多く活用されているのは骨盤底再建術ですが、その他にも治療法はいくつかあります。切開や外科手術に抵抗感を感じるという人は高周波の熱を当てていく方法を検討してみるのも良いでしょう。与える熱の効果で筋肉組織が刺激されて引き締まり、その結果として膣内の空洞現象が解消されていきます。そうなると同時に尿漏れも改善されていくのです。そしてもう1つの治療法として確立され始めているのがレーザーを照射していくタイプです。高周波を使用するタイプよりも範囲が広く深くまで効果があるということから、尿漏れを解決する手段としては非常に効果的です。

局部の問題を解決

女医

排尿障害や尿漏れなどの局部が関連する症状はデリケートな部分になるので他人に相談するのが難しい場合があります。そのような悩みは1人で抱え込まずに埼玉にある泌尿器科へと行って適切な治療を受けるのが大切なのです。

感染力の強い病気

看護師

梅毒は複数存在する性感染症の中でも感染力が強く、オーラルセックスでも感染が広がるリスクがあります。感染すると初期症状として性器や口周辺に硬いしこりができるので、疑わしい症状がでたらすぐに医療機関で検査を受けましょう。

尿の問題を手術で解決

レディ

尿漏れは中高年特有の症状だと思われがちですが、実は20代の間でも急増中の症状なのです。尿漏れがひどくなった場合はTOT手術が必要になる場合もあるので、早期発見をして解決に持っていくのが重要になってきます。