尿の問題を手術で解決|尿漏れのタイプを把握した後に対応|局部周りの悩み
看護師

尿漏れのタイプを把握した後に対応|局部周りの悩み

尿の問題を手術で解決

レディ

生理痛など女性特有の悩みなどは多数存在しますが、その中でも20代女性の中で急増しているのが尿漏れという症状なのです。尿漏れと耳にすると中高年や高齢者に見受けられる症状だと考えている人も多いですが、若い人でも体験しうる症状なのです。若い女性が尿漏れを引き起こす原因は様々ですがその内の7割は腹圧性尿失禁だといわれています。腹圧性尿失禁とは重い物を持ち上げた際や大きな声で笑った際に、腹部へと力入って引き起こされる尿漏れの1種です。本来であれば加齢と共に発症するタイプなのですが、現代人はデスクワークなどによって座っている時間が長いため骨盤に負荷などが掛かっている場合があるのです。
そうなってしまうと骨盤底筋が弱体化して、膀胱や尿道を支えきれなくなってしまいます。その結果、尿漏れが引き起こされるのです。自分が意図せず起きてしまう症状なので尿もれが発覚した場合はショックに感じてしまう女性も数多く存在します。しかし、放置していると大事な場面で恥をかいてしまうリスクもあるので、早めに対策を講じることが重要となってきます。腹圧性尿失禁がひどい場合は泌尿器科などで実施されるTOT手術を受けることも視野にいれておきましょう。TOT手術では尿道の中間である膣の壁と足の付け根部分を小さく切開した後に専用の器具を使用して尿道を支えていく仕組みを作ります。手術の時間も30分と比較的短く、入院も数日なのですぐに快適な生活へと戻ることができます